サッカーの応援幕関連情報

HOME横断幕の素材

最終更新日:2017/11/20

横断幕の素材

横断幕とフーリガン

横断幕はいろいろなシーンで使われていますが、特にサッカー好きの人からすれば、応援幕として使用するケースが多いのではないでしょうか。
横断幕を簡単に作成してくれる業者も現在ではネット上にたくさんあります。
1枚からでも作れたりもしますから、個人レベルでの使用であっても、高品質でリーズナブルなものが入手できるようになっています。
横断幕とひとくちに言っても、素材はいろいろあります。
業者で使われている生地で低品質なものはまずないのですが、それでも特性を理解しておかないと、横断幕の寿命自体を縮めてしまうことにもなりかねませんから、注文前に素材の性質は知っておいたほうが何かと役に立ちます。
横断幕の素材で比較的ポピュラーなのがトロマット生地です。
これは厚さもそこそこあり、重さもそれほどではなく、それでいて価格も安いとあって、大抵の制作業者ではこのトロマット生地を勧められることが多いかと思います。
トロマットよりももっと軽い生地が欲しい時は、ポンジを選んでみるのもいいでしょう。
これはお店ののぼりによく使われている生地で、街中でよく見かることがあるかと思います。
ポンジはかなり薄い素材となっているので、軽くて持ち運びはしやすいのですが、うっすらと透けるくらいの厚さなので晴天の屋外で使うと肝心のデザインがよく見えなくなるという欠点があります。
バスケットなど、屋内でするスポーツなら役立つのですが、屋外プレイが基本のサッカーだと、やや扱いにくいところがありますので注意が必要です。
しかし、上記それぞれの長所を兼ね備えた生地があります。
それはトロピカル生というものです。
これはポンジ以上、トロマット以下といった厚さとなっており、屋外でも屋内でも使えるようになっています。
ただ、生地がものすごく厚いわけではないので、長期間の屋外使用には向いていません。
屋外でもどんどん使っていきたいという方には、ターポリン生地がおすすめです。
ターポリンはトロマットよりも厚い生地を使っているので、光が通りにくく、横断幕のデザインもくっきりと見せることが可能です。
欠点としては他の生地と比べて重いところです。
ただ、横断幕やのぼりを扱う業者のなかには、ターポリンをメッシュ加工したものであったり、軽量化に成功したターポリンを用意しているところもあります。
もともとのターポリンに比べると、耐久性はどうしても落ちてしまうのですが、それでも屋外の使用に充分耐えられる性能を持っています。
サッカーで応援幕を毎年使う人はターポリンも検討に値する生地です。
横断幕を作る時はどんな場面で使うのか考えてから発注するといいでしょう。

一覧はこちら

サッカーの応援幕ランキング

TOP